ミネラルとは

私たちが健康を維持していく上で、ビタミンやたんぱく質とともにその大きな役割を果たしているのが、ミネラルです。ミネラルとは生命活動に必要な無機物の称を言います。

ミネラルの種類と働き

ミネラルは、体の組織をつくる、酵素やビタミンの活性化、ホルモンをつくる、など大切な働きを担っています。 ミネラルもまたビタミンと同様に体の中でつくり出すことができないため、食べ物などから摂取します。ミネラルが不足すると代謝機能や免疫力が低下して様々な健康障害をもたらし、生活習慣病を引き起こす原因にもなってしまいます。

【カリウム K】

心臓機能、筋肉機能を調節。

【鉄 Fe】

赤血球のヘモグロビンの構成成分として、酸素の運搬、供給。

【カルシウム Ca】

骨や歯を形成。神経の興奮を緩和。

【ナトリウム Na】

カリウムとともに細胞の浸透圧を維持、調整。体液をアルカリ性に保つ。

【亜鉛 Zn】

様々な酵素やホルモンなどの働きを助ける。

【マグネシウム Mg】

血管の拡張を防ぐ。筋肉の収縮を抑える。

【マンガン Mn】

骨・肝臓の酵素を活性化し、骨の生成を促進。

【銅 Cu】

骨髄でヘモグロビンを作るとき、鉄の働きや腸管からの鉄の吸収を補助。貧血を防止。

【リン P】

歯・骨などの硬組織を構成。

【セレン Se】

抗酸化酸素を活性化。

【ヨウ素 I】

甲状腺ホルモンの構成成分。

【クロム Cr】

糖代謝、脂質代謝に関与。

【コバルト Co】

ビタミンB12の構成成分。

【モンブデン Mo】

酸化酵素の構成成分。