乳酸菌とは

乳酸菌(にゅうさんきん)とは、糖類を分解して乳酸を生産する働きをもつ細菌の総称です。動物由来のミルクや肉に好んで生息する動物性乳酸菌、植物由来の漬物や穀類に好んで生息する 植物性乳酸菌、ヒトや動物の消化管内に棲息する腸管系乳酸菌など、それぞれ別々の微生物であり、その種類は莫大です。
乳酸菌がチーズ、ヨーグルト、乳酸菌飲料に含まれていることは広く知られていますが、日本酒、味噌、醤油などの醗酵食品の製造にも多く利用されています。ヨーグルトでよく知られる ビフィズス菌やラクトバチルス菌も乳酸菌の一種です。

腸管系乳酸菌

私たちの腸管内にもたくさんの乳酸菌が存在しています。腸管系乳酸菌です。 腸内の「(善玉菌=腸内細菌)」という表現がよく使われていますね。腸内細菌は形態や生態、生産物質などを基準に、「属」、つぎに「種」と分類され、 さらにその下位では「株(菌株)」区別されています。

乳酸菌の形態には球状の乳酸球菌(きゅうきん)と棒状の乳酸桿菌(かんきん)があり、

球菌の分類  【属】【種】
エンテロコッカスフェカリス、フェシウム
ストレプトコッカスエクィヌス、サリバリウス
ラクトコッカスクレモリス、ラクティス
ロイコノストックメゼントロイデス、シトロボラム
ペディオコッカスハロフィルス、セレビシエ
桿菌の分類  【属】【種】
ラクトバチルスロイテリー、アシドフィルス
ビフィドバクテリウムアドレセンティス、ビフィダム
などがあげられます。

乳酸菌の働き

乳酸菌が生産するさまざまな物質は私たちの体に有益な働きかけをしてくれます。たとえば、乳酸菌によって作られた乳酸や酢酸は腸内を酸性に保ちます。腸内の腐敗を防ぎ、合わせて酸によって刺激を受けた腸の蠕動運動は活発になり 便秘や下痢を防ぐ(=悪玉菌増加を抑える)、ウィルスの侵入を防御、免疫力を高め疾患への抵抗力を強める、生活習慣病予防、消化・吸収・代謝を助ける、などたいへん働きものです。 乳酸菌はその種類によって働きもさまざまといわれています。

残念なことに、腸内の乳酸菌も加齢にともない減少してしまいます。加え、食生活をはじめとする生活習慣や生活環境の悪化も影響を及ぼします。乳酸菌の優れた働きを継続して得るには、日ごろの食習慣をはじめとする生活習慣を見直し、 腸内環境を善玉菌が好む状態=乳酸菌が増殖しやすい腸内環境にすることがなにより大切です。