ストレスは善玉菌を減らし悪玉菌を増やします

ストレスとは?

私たちはストレスという言葉を日常的に 用いていますが、そもそもストレスとは何でしょう。ストレスとは負担と感じる外部刺激(ストレッサー)に対して心身に生じる機能変化をさします。 ストレッサーは仕事のプレッシャーであったり人間関係のトラブル、睡眠不足、疲労、不安、恐怖、興奮など様々です。

腸内環境に悪影響を及ぼすストレス

強いストレスを受けると大脳を刺激して自律神経中枢にも影響を及ぼします。腸の蠕動運動をコントロールする働きを持つ自律神経への影響は、 便秘や下痢を引き起こす要因となり、強いては腸内細菌のバランスを崩し、善玉菌を減らし悪玉菌を 増殖させてしまいます。

ストレスと上手に付き合う

ストレスの感じ方は個人差がありますが、 現代社会ではストレスの無い生活を送るなど不可能でしょう。ストレスを感じたら自分に合った解消方法で上手に発散することを心掛けましょう。

♥ 笑う
「笑う門には福来る」と言います。笑いには免疫力を高め、ストレスホルモンの分泌を抑える効果があります。大笑いした後って、気持ちがスカッとしますよね。
♥ 入浴
副交感神経に働きかける36度程度(皮膚温度)〜39度以下のぬるめのお湯にゆっくり浸かります。加えて好きな香りの入浴剤を入れてみては。リラックス効果バツグンです。
♥ スポーツ
軽く汗をかく程度の運動、体内にたっぷり酸素を取り入れながら行う有酸素運動がお勧めです。手軽にできるウォーキング、ジョギングなどを日常の生活習慣に取り入れてみては いかがですか。
♥ リラックス
心地よい環境を整え、気分転換をはかることは大切です。好きな音楽を聴いたり旅行をしたり、ハイキングで自然に親しむのもよい気分転換になりますね。ちなみに私は映画鑑賞でリフレッシュです!
♥ 睡眠
疲労はストレスを引き起こす大きな要因の1つです。心身の疲れを癒すには、睡眠を十分にとることが必要です。目覚め爽快の質の良い睡眠をとりたいですね。