有害ミネラル

先の健康コラムでは、私たちが健康を維持していく上で大切な働きを担うミネラルのお話をしました。が、ミネラルの中には過剰に蓄積されていくと人体に有害とされるミネラルがあるのをご存知でしょうか。
生理機能や代謝機能への妨げ、タンパク質や酵素の形成などの悪影響が危惧されます。実はこの有害ミネラルの体内への過剰蓄積は、今、とても深刻な問題とされています。

有害ミネラルの蓄積

大気や水質汚染などをはじめとする環境汚染、食品汚染などが進むにつれ、私たちの体の中には無意識の内に 有害とされるミネラルの蓄積量が増えているのが現状です。
有害ミネラルには水銀、カドミウム、鉛、ヒ素、アルミニウムなどが上げられます。

【水銀 Hg】

私たちが食する魚介類などには食物連鎖によって生じた微量の水銀が含まれます。が、通常は健康を害するまでに至らない低レベルの含有量です。世界的に見ると、魚を好んで食べる私たち日本人は水銀の蓄積量が 多めと報告されています。歯の詰め物にも使われています。

【カドミウム Cd】

飲料水・加工食品・汚染された米や魚貝類などによって体内に取り込まれる他、缶詰やたばこにもカドミウムが含まれています。

【鉛 Pb】

鉛は鉛製の水道管、汚染された大気中などに含まれます。体内に入った鉛は排泄され難く蓄積され易いといわれています。

【ヒ素 As】

工場排水や残留農薬にヒ素を含まれる他、殺虫剤や除草剤、防腐剤にも含まれています。

【アルミニウム Al】

アルミニウムは食べ物や飲み物、水や空気などを通して体内に摂取している他、食品添加物や医薬品、飲料水の浄化剤、調理加熱用具など幅広く使われています。

有害ミネラルへの対処

有害ミネラルはどのように対処したらよいのでしょうか。
まず、体の中の毒素を体外に排泄して腸内細菌のバランスを整えることが大切です。また、蓄積された有害ミネラルの排泄 (デトックス:解毒)を促すミネラルビタミンを日ごろの食事からきちんと摂取するよう心掛けましょう。 例えば、セレン(セレニウム)[*1]は水銀の排泄を促し、亜鉛[*2]はカドミウムの排泄を促すといわれています。

--------------------
*1:セレンを含む食品:カツオやいわしなどの魚介類、大豆や玄米などの穀類
*2:亜鉛を含む食品 :牡蠣などの貝類、寒天やわかめなどの海藻類、緑茶