一定額を超えた医療費は確定申告で税金の一部が返金されます

医療費控除とは?

医療費控除とは、年間(1月1日〜12月31日まで)で支払った医療費の自己負担分に対して、一定額を超えた負担額を対象に所得税の控除が受けられる制度です。 まず、1年間に支払ったご自身及びご家族[*1]の医療費の自己負担額がいくらか計算してみましょう。

控除対象額

10万円(または年間所得の5%のどちらか少ない方)を超えた額

医療費控除額[*2]=年間医療費−10万円(または年間所得の5%)

控除の対象範囲は?

医療機関での診療費や治療費の他、通院・入院時の交通費(ガソリン代、駐車料金は含まず)、ドラッグストアなどで購入した医薬品も対象になります。 医療費控除を受けるには、申告の際に支払い証明となる領収書やレシートの添付が必要[*3]となりますので大切に保管しておきましょう。医療費控除の対象範囲は以下ご参考ください。

対象範囲(参考)
♣ 医師に支払った診療費、治療費
♣ 治療に必要な医薬品代(市販薬含む)
♣ 歯科の保険外治療費
♣ 治療のために指圧師、はり師、きゅう師に支払った費用
♣ 病院、診療所等への交通費
♣ 妊娠時から出産までの診察費と出産費

医療費控除の申告はどこで?

手続きは住民票がある地域の税務署となります。詳しくは最寄の税務署へお問合せください。
確定申告の期間は2月16日から3月15日ですが、還付申告は1月から受け付けています。また、還付申告は過去5年間遡って行うことができます。

--------------------
*1:生計を1つにしている(扶養していなくてもよい)配偶者、子どもなど
*2:控除額の上限は200万円までとなります
*3:領収書が得られないものは日付・目的・金額を明記したメモを保管しておきましょう